TMS(うつ病磁気刺激療法)についてのブログ

新宿ストレスクリニックで受けたTMS治療について

TMS16回目と診察とカウンセリング、それとアンヘドニア(感情の消失)

 少し間が空いてしまいました

これには少し理由があります。私に発達障害の疑いがある、ということは以前話しました。しかし、それを判断するためのテストは3時間ほどかかり、現状30分程度しか集中して作業のできない私には、テストを受けることは現実的でない、ということをカウンセラーに話しました。

そして、私としては、このように気持ちを楽に話のできるカウンセラーにめぐりあう機会はそうそう無いだろうということ。しかし、カウンセリングを受けることができるのは、ここでTMSを受けている期間だけなので、この時間をできるだけ有効に使いたいという希望を伝えました。

すると、カウンセラーから、もうTMS治療は中間地点まできており、今まで1週間に2回ほどのペースで受けていたが、もっと間をあけてもよいということ。そのため、逆にカウンセリングのペースにTMSのペースを合わせて受けてはどうかと提案を受けました。

カウンセリングは、10日から2週間に1回というのが理想だそうです。辛い話をしなければならないことも多いので、心が回復するためにはそのぐらい間を空けるのが良いとのことでした。

そのようなわけで、15回目以降、10日、あるいは2週間に1回のペースでTMSとカウンセリングを受けることになりました。

 

今回は色々なことがあったので少し長くなります。

私の現状についてです。15回目の5/20のTMSを受けて以降、私はたいへんに具合の悪い状態でした。

著しい倦怠感、疲労感、不安感、そして寝る前にはかならずそわそわと落ち着かず苛立ちを感じて、頓服薬もほぼ毎日飲むようになってしまいました。

また、偏頭痛もほぼ毎日で、頭痛の薬も毎日飲むようになり、心身の苦痛で私はへとへとでした。

毎日具合が悪く、薬を飲んで横になっているうちに一日が過ぎていくことがほとんどになりました。

何もする気力がなく、何もできず、TMSを始める前には週に一度程度行っていたスポーツクラブにも全く行けなくなりました。

 

そんな中、小さな事件が起きました。

5/23のことです。

私は有名人のブログをちょっと見ることを、毎日の小さな楽しみにしていました。たいしたことが書いているわけではないし、すごく面白いわけでもないので、ほんとうに小さな楽しみでした。ただ、面白い記事があると、母にそのことを話して聞かせて、一緒に笑うのは楽しかったです。

しかし、その日、母にブログの話をすると、母は笑った後で、その有名人に悪い過去があることを言い出しました。それは私も知っていることです。私が母に教えたのですから。

でも、その一言で、私の心から、楽しいという感情がすっと消えていきました。文字通り、感情が死んでいく、という感覚でした。

それから、時間が経つにつれ、楽しい、だけではなく、嬉しい、や、家族に対する愛情、悲しい、ありとあらゆる感情が私の心からどんどん死んでいきました。

しかし驚きや危機感はありませんでした。驚く、や焦る、などの感情も同様に死んでいたからです。

死にたいな、とふと思いました。今までは、辛くて辛くて死にたい、と思っても、家族が悲しむから、大好きな家族が悲しむのは私も悲しい、と考えるというストッパーがありましたが、その時は、家族が悲しもうがどうしようが、何とも思わない、という状態でした。

ただ、自分の状態がおかしい、ということだけはわかりました。

それで、頓服薬を飲んで眠りました。一晩寝て、明日になっても同じだったらおかしいから、精神科の先生に相談してみようと思いながら眠りにつきました。

翌日、私は以前の状態に近い状態まで回復していました。

私が具合が悪いとき、母は背中をさすってくれるのですが、感情が死んだ状態のとき、母が同じように背中を触ってくれたのを、赤の他人に触られているように気持ち悪く感じ、やめてほしいと言いました。

しかし、翌朝になったら、母に触られても大丈夫になっていました。

それからも、感情が死んだような状態はたまに起きましたが、この最初の時のようなすべての感情が死に絶えるようなひどい状態にはなりませんでした。

翌週、精神科の受診日だったので、このことについて相談しました。

すると、それはアンヘドニアという感情の消失状態で、うつ病の人に起こる症状のひとつだと教えてもらいました。ある日、ちょっとしたきっかけで感情の器が底が抜けたように空っぽになってしまうので、また少し感情がたまってきても、ちょっと揺れるとまた空っぽになったりと、繰り返すこともあるそうです。

 

そのようなこともあり、私は自分の今の状態が、TMSを受け始める前よりも悪くなっているように感じ、TMSを受け続けることが良いのかどうか、やめたほうが良いのではないかということまで考えるようになりました。

 

16回目のとき、医師にその旨を伝えると、まだ試していない治療の方法があるからできれば続けて欲しいと言われました。

13回目のとき、私は無気力な状態を回復したいと医師につたえ、それによって右脳に活性化を13分、左脳に思考の切り替えを6分当てる、という治療に変わっています。

それを、左脳だけに、活性化の刺激を与えるというものに変えてみようとのことでした。

この当て方は、まだ治療実績は少ないが、うつに対してかなり有効である。ただ、イライラが増す事があるかもしれない、とのことでした。

イライラが酷いという副作用が出たらすぐに来るようにと言われ、私は10日後に、TMSと診察とカウンセリングの予約を入れました。

少しでも、良くなってくれるといいのですが。

TMS13回目と診察、カウンセリング

 今日はTMSに加えて、医師の診察とカウンセリングを受けました。

TMSの前、医師に、先月10日以来、ずっと具合が悪いこと。ひどくイライラしたり、すぐにカッと腹を立てたり、そわそわしたり、情緒不安定なことを伝えました。

一方で、鬱々とした考えが浮かぶことも多いのですが、治療を始める前は何日も何日もその暗い考えに支配されて、ことある毎に思い出しては辛い思いをしていたのですが、最近は短時間でそうした考えから離れることが出来るようになったことも話しました。

医師によると、右脳への刺激(意欲の活性化)と、左脳への刺激(思考のスイッチの切り替え)のバランスがうまくないのかもしれない、とのことでした。

右脳への刺激が多いために、何かをしなければならないのに何かが分からない=結果そわそわしたり落ち着かなくなったりイライラしたりしてしまう。可能性がある。その一方で左脳への刺激はうまくいっているので、悪い事をあまり長い時間考えなくなった。

つまり、全く効いていない、というわけではないのではないか。というのが医師の見解でした。

私や家族など、毎日見ている人からすると分からない程度の変化ですが、TMSを受けたことは悪くなかったのではないかと。

これは翌日受診した、昭和医大の精神科の医師からも言われました。

全く効いていないのではないか。自分は良くなることは無いのではないか。そんな事を思って絶望感を感じていた私には、少しでも効いているのではないかという精神科医の言葉は大きな救いになりました。

私の現状から、左右のTMSの当てる時間の割合が少し変わることになりました。

右脳13分、左脳6分。

どうなるのかはわかりません。少しでも良い方に行ってくれることを望みます。

 

それからTMSを受けました。前回の技師が下手で、受けている時間が非常に苦痛だっため、その人には担当して欲しくない旨を医師に伝えていたので、今回はスムーズに受けられました。

 

それから、カウンセリングを受けました。

過去の話。辛かったこと。

TMSはそれだけで良くなる魔法のような治療法ではなく、薬物療法やカウンセリングと合わせてやることで良い効果が期待できる、と本にあったので、ここでのカウンセリングも徹底して利用しようと思い、うつ病と直接関係しているか分からないけれど、自分が子供の頃からずっと苦しんできたことなど、カウンセラーに話したいことをすべて話しました。

カウンセラーは私に発達障害の疑いがあるといい、それを調べるためのテストを勧めました。

発達障害うつ病の原因である、という話ではなく、発達障害による辛い体験を、今後繰り返さないよう、これから生きていく上で自分の苦手なことを把握して、うまく行動していくために、仮に障害があるとすれば、それを知っておくことは悪くないのではないか、との話でした。

しかし、この話を昭和医大の医師にすると、(昭和医大には発達障害研究所があり、私の担当医はこの研究もしている人です)私が仮に発達障害であったとしても極軽度だと思う、またそのようなテストを受けなくても、カウンセリングによるアドバイス(ケア)はできるはず、との意見でした。

このことについては、次回カウンセリング時に、またカウンセラーと相談してみようと思います。

TMS 途中経過

本当は本日12回目を受ける予定だったのですが、とても具合が悪く、休んでしまいました。

このところ、私の精神状態はひどく不安定です。

イライラしたり、不安になったり、過去の辛かった経験を思い出したり、将来に悲観的になったり、うつ病が治ることはなく、自分の人生にはこれから先、何も楽しいことを楽しいと感じたり嬉しいことを嬉しいと感じることもできないのだという絶望感を感じ、それをずっと繰り返し数日に渡って考えて、毎日ふさいでばかりいました。

TMSを受けて最初の数回具合が良かったのは、うつ病自体の波の一環で、たまたま調子の良いときが重なっただけなのではないかとも思うようになりました。

頓服薬も、頻繁に飲むようになりました。

TMSの効果自体に懐疑的になり、続けることに意味があるのかと考えたりしています。

次回はカウンセリングがあるので、話をしてみようと思います。

カウンセラーが言った10回目ぐらいで効果が感じられる、と言った10回をクリアした現在、私がひどく具合が悪いことを言ったらカウンセラーは何と言うでしょう。

きっと、人それぞれで、今度は20回ぐらいで効いてくる人もいるのだ、とでも言うのでしょう。おそらく続けさせるような事を言うと思います。

何もかもが嫌で、とても辛いです。

今は、TMSに何かを期待したことが馬鹿だったのではないかとも思っています。

悲しいです。

TMS10回目

10回目のTMSです。目標にしましょうと言われた回です。

実は前回、9回目の前後、私はとても悪い状態でした。

昼間は無気力で何も出来ず、一日中からだが怠く、眠く、夜は逆に眠れずにひどくイライラしたりしていました。

 

そんな状況で昨夜も短い時間しか眠ることができず、今日も具合が悪くなるのではないか、新宿まで行けないのではないかと不安でした。

しかし、今日は不思議と調子が良く、短い時間でしたが深く眠れたようで、朝ぱっと早い時間に目が覚めました。

TMSは、まるで自分の家の布団に寝ているときや、あるいは美容院でマッサージを受けているときのように、とてもリラックスした気持ちで受けられました。

治療に伴う軽い痛みや機械のうるさい音もあまり気にならず、左右10分ずつの時間を、たいへん短く感じ、ともすればうつらうつらとしそうになるほどでした。

いつも疲れ果ててしまう帰り道も、比較的元気でした。普段なら帰りのバスで立ち上がることもできないほどなのですが、今日は母と共に途中下車して、買い物をして帰る余裕すらありました。

 

それでも、気分の良さに体力の方がついていかなかったようで、家に帰ってから私は大変疲れて一歩も動けないほどになりました。

しかし、頓服薬を飲むこともなく、眠ってしまうこともありませんでした。

TMS8回目とカウンセリング2回目

前回から一週間空いてしまいました。

週に二回の予約を入れていましたが、精神的にとても状態が悪く、出かけることが出来ずに一度休んでしまったためです。

休んだ分は一回ずれて、今日が8回目になりました。

 

10回目前後で受ける予定だったカウンセリングは、そのため今日になりました。

クリニックには例によって母に付き添ってもらって来ましたが、カウンセリングはひとりで受けました。

今、とても具合が悪い事を私は話しましたが、具合の悪さなどの話は基本的に医師の方に相談するもののようです。

カウンセリングでは、治ったら何ができるようになりたいか、などを聞かれました。

色々な話をしましたが、心理士は私の心理的に辛い部分をケアする事に、興味を持っているようでした。こちらがカウンセリングの本来の目的なのでしょう。

私はカウンセリングというものを初めて受けたのでわかりませんでしたが。

次は30分の時間をもっとうまく使えたらと思います。

 

今回からTMSは、右10分、左10分、の治療に変わりました。

計測室で右側と左側、両方に印を付けられて、いつもどおり、治療用の部屋に移りました。

右脳の刺激はいつも通りです。カチカチカチカチ、と連続した刺激と8秒間の休み、の繰り返しです。

今回も奥歯がガチガチ鳴ったので、その旨を伝えるとすぐに当てる場所を調節してくれました。

左脳への刺激の仕方は、少し違っていました。1秒間隔で連続して刺激を与えられます。ボールペンで突かれるような、と受ける前に聞いていたのに似た感じでした。鋭い痛みではないので、えんぴつのお尻で突かれるような鈍い痛みがあります。

最初なので、弱い刺激から始めましょうと言われ、最初から最後まで強さはそのままでした。

右側を刺激した時は、痛みに少しずつ慣れていく感覚がありましたが、左側は逆に少しずつ強くなるような気がしました。インターバルが無いせいかもしれません。

 

そんな感じで8回目の治療は終わりました。

具合の悪さは変わらず、非常に疲れやすく、イライラしたり、落ち込んだりの激しい状態です。

治療で調子が良くなったのではなく、体調の波だったのかもしれないと思い、少しがっかりしています。

しかし、まだ治療も半ばですら無いので、続けていきたいと思います。

TMS7回目と2度目の診察

8日に6回目のTMSを受け、今日は7回目のTMSと、医師による二度目の診察を受けました。

5回目のTMSを受けた際、帰り道に具合が悪くなったことと、4月あたりから精神的にも具合が悪い状態であることは、前に書いたとおりです。

6回目のTMSを受けた後、少し私は元気になりました。

いつもなら落ち込んでしまうような事があっても、あまりくよくよせずに居られる事もあり、少しなら運動もできました。

しかし、TMSを受けるようになってから、以前からあった偏頭痛が頻発するようになり、その点が心配でした。

 

5回目の帰り道で具合が悪くなった事を技師の人に伝えると、施術後に具合が悪くなってしまう事もあるとのこと。再度そのような事があったら医師(当院の)に相談して下さい、と言われました。

 

今日のTMSはとてもリラックスして受ける事ができ、こめかみへの刺激で痛みはあるものの、寝る寸前のような落ち着いた気持ちで施術を受けることができました。

TMSの後、医師による問診がありました。

施術開始後から今に至るまで、精神状態にどのような変化があったか。

私の場合は一旦、あまりネガティブな事を考えないような良い精神状態になったが、ここ一週間ほどは落ち込んだり、些細な事に傷ついたりしてしまうこと。などを言いました。

医師によると、それは右脳への刺激によって、神経細胞がくっつきやすい状態になっているため、良い事でも悪い事でも、現在目の前にある出来事に意識を向けやすい状態になっているとのことでした。

次は左脳にも刺激を与え、今度は神経のはなれやすさを活性化していくとのこと。これはネガティブな事を考えてしまったとき、それをいつまでも引きずらずに気持ちをリセットできるようにするためとのこと。

次回からは、右10分、左10分、の施術にしましょうと言われました。

私は8回目からそのように施術内容が変わる事になりましたが、おおむね5回〜10回の間に診察が行われ、施術内容についての検討が行われるようです。

 

それから、偏頭痛が多くなった事についても相談しましたが、心因性のものかもしれないとのことで、治療中で脳のバランスが良くなくなっているためかもしれないとのことでした。

今後の治療で、頭痛も改善すると良いのですが。

 

今日は比較的体調が良く、帰り道になっても疲れが少なかったので、少しだけ遠回りをしてお花見をして帰りました。

満開の桜がとても綺麗で、携帯でいっぱい写真も撮りました。

母と一緒に綺麗な景色が見られて、とても嬉しかったです。

TMS第五回とカウンセリング

5回目のTMSです。

最初は少し良くなった私の精神状態は、この頃少し悪くなっています。

家族の悪意のないささいな言葉に、自分を非難しているような悪い意味を勝手に感じてひどく傷ついたり、物音に敏感になり、恐怖や苛立ちを感じたりしました。

 

治療が5回目に入ったので、臨床心理士によるカウンセリングを受けるように言われました。

今回は予約の関係で治療の前に受けることになりました。

担当の心理士は前回と同じです。同じ人にずっとかかることになります。

1回目のカウンセリングは、おもにカウンセリングとはどのようなものなのか、どのように進めていくのか、という説明でした。

カウンセリングの内容は

1)自分が心理士に相談したいこと、話したいことがあったら話す。

2)体調や現在の気分について

この2つだそうです。

心理士はさっぱりした感じでしたが冷たい感じでもなく、やはり嫌な感じではありませんでした。

カウンセリングで話したことは守秘義務があるので、誰にも、家族にも、公開されることはない、とのことでした。

私は母と一緒に部屋に入りましたが、カウンセリングは基本ひとりで受けるもののようです。家族にも言いづらいような事を吐き出して楽になる、という要素もあるのかもしれません。

1回のカウンセリングの時間は30分。基本的に治療の前か後にセットで受けることになります。

そして、2週間に一回か5回に一回が基本のペースです。

しかしあるいはその間でも何か相談したいことが出来たときなどに、予約を入れて受けることができる、とのことでした。

私は、TMSを始めて最初は少し具合が良くなった事。ところがここ2、3日、非常に精神状態が悪いことを言いました。

すると、それは効きやすい人の典型だと言われました。一度良くなり、5回目ぐらいに少し悪くなり、それからだんだん良くなっていくとのこと。10回目ぐらいに効き目を実感できると思うので、それを目標にがんばって下さいと言われました。

 

その後、TMSを受けました。

今回は当てる場所が微妙にずれていたのか、刺激を受けるたびに、奥歯がガチガチと鳴ってそれが苦痛でした。

終了後にそれを言うと、機械を当てる位置を調節するから、目の奥に刺激があったりなど、こめかみに痛みがある(これはどうしようもないものなので)以外の異変があったらその場ですぐに言うようにと言われました。

なんとなく、自分が間違っているような気がしてしまい、言えなかったのです。

でも、看護士に言われて、少しでも変だったら次回からはすぐに言おうと反省。

 

帰り道、私は具合が悪くなりました。とても体調が悪くなり、駅のホームで倒れてしまいそうになりました。

母に支えられて、やっと立っていて、電車に乗ったら座る事ができたので、頓服薬を飲んで目をつぶって座っていたら、だんだん楽になりました。

TMSとの関係は良くわかりません。

今度行ったときに相談してみようと思います。

TMS第三回

3回目です。

1回目を受けてからちょうど一週間。

クリニックに居る時間は30分ほどで負担ではありませんが、体力的にかなり弱っている私は、帰り道はやはり疲れきっていてつらいです。

治療は変わりなく。

効果というほどなのかはわかりませんが、私の現在の服薬は朝昼晩の食事後の薬にプラスして、ひどく具合が悪くなった時(気分が落ち込んだり、全身のひどい倦怠感に襲われるときなど)に飲む、頓服薬があります。

その頓服薬をTMS開始前は毎日飲んでいたのですが、少しだけ、飲まないで済む日が出てきました。

少しでも効いているのなら嬉しいなあ、と思います。

次回は5回目に、カウンセリングがあるので、そのお話を書きたいと思います。

TMS第二回と心理アセスメント

一日置いて二日後、二度目の治療です。

機械を当てる位置は一度目の時に測定して記録してあるので、2回目以降はレーザーポインタで記録した位置を示し、そこに水性ペンで印をつけるだけで済みます。

今回のTMS時はきちんと始まる前に耳栓を渡してもらいました。機械のある関係か、治療を受ける部屋は寒いので、ぶ厚い毛布をかけてくれます。

最初のときはあまり痛くなかったのですが、今回はかなり痛みを感じました。

その旨を訴えると、すぐに止めて弱く設定してくれました。

痛みの感じ方は体調にも左右されるそうで、寝不足だったり、疲れていたりでも、痛みを強く感じるそうです。

また、受けている間に痛みに慣れてくるので、途中でだんだん強くしてもらうこともできます。

2回目の治療が終わり、待合室に戻ると、今日は2回目なので臨床心理士との「心理アセスメント」というのを受けてもらうとのことでした。

心理アセスメントは、治療開始時と、30回受けた後の、2回あるそうです。そして、治療によってどのような変化があったか、どのような改善がみられたのかをみるためのものだそうです。

まず、4枚の紙からなる現状に関する設問に、はい、いいえ、や、1〜5までのどの段階に当てはまるかなどを答えていきます。

睡眠障害があるか、希死願望があるか、自己否定感はあるか、などです。

紙による回答が終わると、今度は臨床心理士に会い、質問に答えます。

この質問も、相手が紙に書いてある質問を読み上げ、こちらははいかいいえで答えるという簡単なもので、具体的な相談をするようなものではありませんでした。

記述していませんでしたが、担当医と担当臨床心理士は、決まった人です。基本的に最初に受けた人が、最後まで自分の担当になるようです。

そして、医師による診察と、臨床心理士によるカウンセリングは料金に含まれていて、自分の担当の人が空いているときに予約を入れれば、いつでも好きな時に診察やカウンセリングを受けることができるそうです。

 

TMSの治療自体は30分もかかりません。ただ、うつ病の人は外出をすること自体に大変な努力が必要な人も多いと思います。

私もそうです。なので、行くことに小さな楽しみを見つけると、少し通うことが楽になります。

私は受ける時間帯をお昼頃に設定して、お昼ごはんを小さなカフェで取り、美味しいコーヒーを飲む、ということを楽しみにしています。

また、ファッションやコスメが好きなので、帰りに新宿ルミネの中を通って帰り、洋服屋さんやコスメショップなどを、ちらちらと眺めながら帰るのも、小さな楽しみです。

TMS第一回

奥のTMS専用の区画に案内され、まずは測定用の部屋に通されました。

ここでは左手に電極を三カ所貼られ、その人に合った頭に当てる磁気の強さを測定します。

また、同時に頭の大きさなどをはかり、水性ペンで頭に印をつけられます。これで磁気刺激を与える部位を決めるようです。

更に別室に移され、グラフの前に置かれた、眼科医でよく使うような顎と額を固定する装置の前に座り、レーザーでさきほどこめかみに書かれた印の位置を記録されます。

それから、TMS専用の部屋へと案内されます。

大きなリクライニングシートがあり、頭の近くに機械があります。

シートは体がすっぽり包まれるような感じで長時間座っていても疲れにくいようになっているようです。

頭部だけ、動かないように固定され、こめかみ部分に機械を当てられます。

私は最初の5回ほどは右脳を刺激するという計画のようなので、右に当てられました。

事前に説明されていましたが、TMSはボールペンでつつかれるような軽い傷みを伴うということでしたが、痛みの感じ方は人によって違うので、弱い刺激から始まりました。

カンカンカンカンという連続した金属音と刺激、それから8秒間の休み、それの繰り返しです。

私は最初は全く痛みを感じなかったので、少し強くしてもらいました。

すると、ボールペンの軸で思い切りこめかみを引っぱたかれるようなにぶい痛みがありましたが、我慢できないほどの痛さではなかったので、そのまま続けてもらいました。

治療は16分と何十秒か、でした。

終了後に耳栓を回収されましたが、渡し忘れていたようです。

治療中は本を読んでいても、寝てしまってもよいとのことでした。

私は耳栓をしていなかったので機械の音がちょっとうるさかったのと、痛みがまあまあだったので眠れる感じではありませんでしたが、慣れてくると痛みが和らいでくるとのことだったので、そのうちもっと楽になるのかもしれません。

 

そんな感じで、TMS治療自体は時間的にも痛み的にも苦痛になるようなものではありませんでした。

私は初診は、診察と光トポグラフィー検査と診察とTMSと、とまとめてやったので、結局全体で3時間半以上と大変長くかかってかなり疲れましたが、2度目以降はもう少し楽だろうと思います。

一度に5回先まで予約が取れるそうで、週末は予約が取りにくいとのこと。

私は自分の体調とかんがみて、週2回のペースで通うことにしました。